読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

スケジュールとはそもそもなにか? 時間とは?

時間は存在しないんだって?

いいこと聞いた。

f:id:YESMAN:20170119230245j:image

 

イギリスの物理学者によると時間は存在せず、全ては同時に起こっており記憶に刻まれている方が過去であるとのこと。http://www.express.co.uk/news/science/738387/Time-NOT-real-EVERYTHING-happens-same-time-einstein

 

言われて見ると時間は概念として使っているだけで存在してないなあ。

 

企業がフレキシブルタイムを採用していれば、極端にいうと時間の意識は薄くなる。現在と成果だけが存在する。遅刻というものも時間という存在しないものを元にするから起こってしまうのである。

日本人はそれに増して時間に厳しすぎる。時間なんて所詮幻想なのに。。 時間を気にしている訳でなく人の目を気にしている訳だ。その事からも時間が存在していないことになるかな。

 

仕事にはスケジュールがつきものであるが、これは時間を横軸にして時間と進捗を表している。時間と進捗の競争であり、ジグザグを入れて遅れの状態を見える化して脅されたりしています。笑

似た物として、商取引におけるお金があります。スケジュールに対する時間のようなもので、お金自体は概念のようなものです。お金だけでは何の価値もない。

時間とお金の発明無しにスケジュールも商取引も発達できなかったでしょう。

ただし、人間は日々時間とお金に追われたり、足りなくて苦しんだりしています。

もしかすると、時間とお金の概念が存在しなければ、すごく楽になって幸せな気分になれるかもしれません。時間もお金も、目的でなく手段である事をいつも頭に有れば、その事で悩まないんでいいんです。

 

時間軸を使わないスケジュールってできないだろうか。

全ての物は同時に起きていることから発想すれば、完成形は見えているのだから並行同時作業を基本に時間の要素を完全に無くすことは出来なくとも、時間に縛られる今のスケジュールとは違う表現で作れないだろうか。

少し考えてみるか。

ランキングアップの応援のポチをお願いします!

(下の戦うサラリーマンのアイコンを押してくださいね)。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村