読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

日本人のサラリーが上がらないわけ

海外では教育してせっかく育ってきたところで、転職してまうことはよくある普通のことです。

日本の会社の正社員のように安定した雇用条件はありませんので、仕事が減ってくれば解雇も比較簡単にされてしまいます。

雇う側と雇われる側はお互い様なのです。

 

外国人が転職する理由の第一は、そのまま働き続けても給料が上がらないから。

責任があるポジションにつければ待遇は上がりますが、ポジションが変わらなければ給料は上がらない。

給料を上げるためには、絶えずより待遇の良い募集に応募して転職するしかないのです。

転職されてしまうことを防ぐために、待遇をもっとあげる必要があるとわかりつつ、でも人件費は抑えようとするので、優秀な人材は転職し、残るのはイマイチになりがちです。給料以外に転職を防ごうとやりがいある仕事を与えたりしますが、高給で引き抜きにあることもあるので限界があります。

 

外国のケースしか考えていなかったのですが、ニャートさんのブログを読んで、日本のサラリーマン(有能な場合)の給料が外国と比べて低いことをあらためて感じました。

nyaaat.hatenablog.com

日本の大企業の社員の転職率が低いから、優秀な社員をひきとめるために待遇を上げる必要がない。

これでは給料上がりませんね。

外国人が金目当てで転職するなんて軽蔑的に考えていた時もありましたが、それは仕方ないこと。 

国際標準から見たら日本の方が特殊。一つの会社で勤め上げるのは、雇い主にとって本当に都合の良い習慣であるのです。

 

ランキングアップの応援のポチを!

(下の戦うサラリーマンのアイコンを押してくださいね)。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村