エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

肯定の返事は短く、否定の返事は出来るだけ詳しく丁寧に

f:id:YESMAN:20180623125235j:image

承認や合意を求められた時、返事はどう返すべきでしょうか。

 

承認する場合は、了解だけで足りればそれだけにすべきです。いろいろ条件を付けて上司が責任流れの様な逃げの雰囲気を出しては人望がなくなります。心配な事があれば何のためとコメントを追加の様な感じでする。そんな返事をもらうと、やる気がでるものです。

 

反対に否定する場合、相手が良い提案だと出してきたものであるので、ダメ出しする場合は詳しく何がダメなのか説明をする。否定する理由が見当はずれな場合もある。ダメ出しされた方も理由をちゃんと説明してくれれば納得も出来る。もし納得できなくても、信念があれば追加説明を加えて承認を求めてくる。

 

肯定と否定の返信は意識して返さないと、信頼を失います。