エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

何事にも初めてはある

f:id:YESMAN:20180827175638j:image

映画のスタートレックでの一場面。

新米士官がドックからエンタープライズを出す場面。カーク提督が今まで経験はあるかと質問に対して、スポックが新米はシユミレーションでは何度もやっていて極めて優秀なので問題ないと返事。カークは初めてと聞いてビビっていた。

 

 

プロジェクトは読みが甘くか都合の良い楽観で計画がされるので、どれも希望通りに進まない物です。

その結果、時間と手間を優先して技術的に最適とは言い難いイマイチな結論で終わってしまうことが残念ながら起こってしまいます。

エンジニアとしては、10年、20年後に誰がこんな設計にしたんだと言われるような馬鹿な設計だけはしたくないと心を痛めているはずです。もし心が痛まないようであっても、若者であればまだまだ発達途上でまだまだ伸び代がのこっていますので安心してください。そのうちに心が痛み始めますから。

 

若者に取って仕事は初めての連続。

ベテランに取っても初めての事は実際には結構あるのですが、そこは年配者であるが故の忖度を受けるのと図々しさでこなしています。

図々しいベテランにも、同じように始めての連続でした。誰にでも、何事にも初めてはありめす。

 

若者もベテランも、初めての事に勇気を持ってやってみよう。一度失敗してももう一度だけ頑張って。それでだめならやるだけやったさ。

やってみないとわからない事は世の中多い。