エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

ぶっ壊す!

f:id:YESMAN:20180117161914j:image

 NHKをぶっ壊す!

この衝撃的なスローガンで都知事選挙に出馬したり、YouTubeNHKの問題点を公表して戦っている立花たかしさん知っているでしょうか。

先日、たまたまた地元の駅でチラシを配布していたのでもらって来ました。

私は立花さんという人物にはとても魅かれます。

 

NHKは1950年に制定された放送法に基づき、NHKの電波を受信できる受信機を設置した者に契約と受信料を請求して来ています。68年前の状況と現在の状況は変わっています。NHKの権力を監視する機能は薄れて、不要な番組を多く流し肥大化し、自己組織の保持目的になってしまいました。

こんな状況は国民にとって害でしか無いので、NHKを見ない人が増え契約もしないし、契約してる人もバカらしくて受信料の払うのを止めています。

 

立花さんはNHKを映らなくする装置販売したり、契約や受信料督促やり方について裁判起こして戦って来ています。しかしいくら個別に戦っても、なかなか巨大な相手を負かすこと、改善させることが難しいので、古い放送法を現代に合わせて改正することが必要だと主張しています。残念ながら今の国会議員NHKを敵に回して戦おうとはしないので、立花さん自ら国会議員になって、放送法改正をすると目標を公言してまず地方議員の数を増やす地道な活動から始めています。

彼の熱意と行動力と大きなものに立ち向かっていく姿は敬服します。

 

このブログはエンジニアリングのブログなので、エンジニアリングに当てはめて考えてみます。 

間違った契約ベースの基本設計(古い法律に例える)があるが故に、具体的に詳細設計する段階で矛盾が生じて悪い設計にしか出来なくなるケースがよくあります。

契約ベースでもおかしな物に無理やり合わせるのは、最終的に問題が発生して皆が被害を受けることになるので、そもそもの規定がおかしいですよと、粘り強く顧客に説明してもとの規定を直してもらうのがエンジニアとして本来やることなのですが、なかなか説明を理解してもらえなかったり、契約は契約だと真剣に考えて考えてもらえなかったりします。 

明らかにおかしいなら、エンジニアのしては何度でも熱意を持って説明しないといけないのです。熱意を持って説明すれば人間必ず通じます。もし通じない相手であればそれは説明する相手を間違えているので、その上司やそのまた上に説明することです。そして基を変えてもらうのです。

 

まとめ

現実に合わない要求を遵守することよりも、現実に即した設計が優先、 

間違った要求や時代おくれの法律はぶっ壊す熱意で。

締め切りがないとやる気が出ない話

f:id:YESMAN:20180113190536j:image

原稿や宿題は締め切りが近づいて切羽詰まって来ないとなかなか手がつけられませんね。

 

僕の知り合いの中で考えて見ると、個性的で有能は人ほどその傾向は高いです。出来れば直ぐに手をつけて終わらして楽になりたいのですが、切羽詰まらないとアドレナリンが出ない。ただ他人から見てわかる作業はしてませんが、頭の中では必死に構想を考えています。

直ぐに手をつける人、計画的にやる人、切羽詰まらないとやれない人、、、

人それぞれ違いますから、自分のスタイルでやればいいのですけど、時間切れで最終的に出来た物が雑で中途半端で終わることだけは避けたいですね。

 

仕事には締め切りがありますが、人生に締め切りはありません。しいて言うなら、亡くなる時が締め切りでしょうか。

人生は締め切り迄に何をしないといけないかも、そもそもない。

それと、締め切りがいつなのかわからない。締め切りがわからないので、まだまだ先だと思い、アドレナリンが出ずやる気が出ない。

子供の時は自動的に次は中学、高校、大学を目標に受験日の締め切りに合わせてやってきた。年齢とともに区切りの締め切りがあるので、行動はし易かった。

学生時代も定期的にテストやレポートがあるので、落第しないようにいつも締め切りを気にしていた、そして卒業。就職した後は仕事でも締め切り締め切りがあるが、それ以外に人生のイベントの明確な締め切りは無い。結婚が大きなイベントであるが、その締め切りは決められては無いので、早く結婚する人もいれば、遅い人、結婚しない人もいる。

結婚の場合は、相性の良い人が現れるまでは、急いでは行けないのであるが、そうすると時間だけがどんどん過ぎてしまうリスクがある。何才までに相手を決めないとならないような強烈な縛りがあるわけでないから仕方ない。結婚はしてみないと良いか悪いかはわからないものでもあるので、離婚前提で結婚してダメならさっさと終わりにするのが正解かもしれない。フランス人などは籍を入れないで結婚生活している人が多いので、日本もシングルマザー、シングルファザーとその子供の支援もっとすれば、少子化も少しは良くなるし、明るい社会になると思うのだけど、、若者が少ない年寄りだけの世界はさみしいからね。

 

前置きが長くなりました。

先週MRIを受けました。どうしてかというと健康診断で悪い数値が出て、それは30%ぐらいの確率で癌である指標なのです。

MRIの結果は問題は見られない無いとのことで、半年後に血液検査をもう一度。

 

昨日結果を聞く前は、もし、癌だったら治療のために今後残りの人生でやれる事も制限されるし、もし、余命が仮に2年なんて言われたら、残りの人生の時間がわかるので、つまり締め切りが決まったことになるので、最後に何か頑張るぞーという気は出てしました。

悲観的な気分というよりは、締め切り決まり、アドレナリンが出た気分でした。

 

人生の締め切りは思ったより早く来るぞと、自分に言い聞かせて、物事だらだら先送りしてはいかんですね。

占いは信じないけど運の流れはあるよね

f:id:YESMAN:20180111220552j:image

ツイッターに乗っていた”生年月日でわかる2018年あなたの運勢”です。

運勢とか占いとかは普段は信じないのですが、年初めでもあるので、自分の運勢を見てみたらなんと!「ひとりぼっち」…

 

占いや運勢の科学的な根拠はよくわからないのですが、運がいいとか、悪いとかは確かに感じることはあります。

マージャンで欲しい牌をどんどん引いて来て連チャン連チャンが続くと思えば、反対に全然上がらない、当たってしまう時。なにか流れを感じます。

仕事でも、この人が担当するととりわけすごいことしてないのですが、スケジュール通りに終わり利益がでる。反対に凄く考えて良くやっているのだけど、何故かいつも色々問題が出て思うように行かない人。

運がいい人、運が悪い人で片付けていいのか、それとも何か見えない努力や、周りに与える良いオーラがあるのか。

 

運勢はおそらく波であり、良い時と悪い時がくりかえしています、多分。

自分の運勢はその波でに逆らうことはなかなか出来ないので、波を読んで運勢が良い時は攻めて、悪い時は損害を大きくしないためにおとなしくする。自分の運勢が今どんなサイクルに行くかを把握して行動することは必要だと思います。科学的な根拠はあるのか、無いのかわかりませんが。

 

自分の運が下降気味の時は、運の良い人に身を任せるのも手だと思います。

 

会社であれば、その時に良い運の流れを持っている人を社長にしたりプロジェクトマネージャーにする方が、うまく行く確率は高くなると思います(科学的な根拠は言えないので、思うとしか書けないのですが)。

 

新人に初めてそれなりにまとまった仕事を与えたときに上司は何を気にしているか

f:id:YESMAN:20180106133654j:image

日本と欧米の会社の大きな違いの一つとして、人の採用と教育があります。

新卒を採用して育てていく日本と、プロジェクト単位で必要な経験者を雇う欧米の会社。

終身雇用が全体の日本では、潜在能力の高い出来るだけ偏差値の高い新卒を雇って、教えていくことが今も基本です。

ただしアメリカの大手は、優秀な若者であればベテランにつけて将来のキーパーソンにするために特別に育てているようです。日本のように新卒を一度に雇って、平等な教育のようなやり方はしてないようです。

 

日本では終身雇用前提なので、ちゃんとした企業であれば、自分の子供のように一つ一つ教えていきます。いくら一流大学のそれも大学院まで出ていても、半年から一年はなかなか戦力になりません。これは学校で如何に仕事に必要な知識を教えていないからです。学校は仕事を教えるところでなく人生を教えるところですからそれでいいのですけどね。

 

新人に初めてそれなりにまとまった仕事を与えたときに上司は何を気にしているか知っていますか?

 

これまで何人もの若者を見てきましたが、初めてのお使いに送り出すような気分になります。

 

・初めての物、未知な物に対する取り組みかた。

・教わってないから知りませんでなく、自分なりに理解しようとするか?

・わからない言葉や事柄が出てきたときにどのようにするか? どう調べるか?人にどう聞くか?

・締め切りが与えられたときに計画的に取り組んでいるか?

・細かい所に気を使うか?

 

あまり期待していなかった若者がここで期待以上の事をすると、いっぺんに見る目が変わります。反対にここで期待外れな行動を見せると挽回に時間がかかります。

 

まとめ

新人は、初めて上司からそれなりにまとまった仕事を与えられた時は、能力を見られて居るので、全力でやる事。

やり方は学校と違う。カンニングでよい。下手に自分だけで考えるのでなく、過去に似た物がされていないかな参考になるものを探し先人経験を利用すること。

ここで期待を裏切る良い物を見せられればしめたもの。次から次に良い仕事を任されます。  何事も最初が肝心だからね。

 

次の「震度7」はどこか!

次の「震度7」はどこか!

 

 

それから

f:id:YESMAN:20180105224932j:image

 昔、日本にしばらく滞在していたお客さんのアメリカ人のエンジニアから、初対面でお札の人に似てると言われことがある。お札の人つて誰かと思ったら、夏目漱石。当時、私は似た髭を生やしていたからそう見えたようです。

最近は髭がどんどん白くなってきて、もっと昔昔インド人から褒められた黒く髭は見る影もなくなってしましいました。

容姿とは反対に人生経験だけは積み重ねてきているので、内面はやっと大人になってきたなあと、手遅れ感でいっぱいです。

 

若い時は人生の目的って何なのだろうか漠然と迷ったり、一方仕事では目先しか見えなかったり、人生は長く年老いてきた自分は想像できず永遠に人生は続くと感じたり、、若者の特有の迷いで満ちていました。

年をとると、迷いは減ります、もしかするとそれは諦めなのかもしれませんが。。

 

 

何かをするときには、必ず目的があります。

目的があるから、無意識に何かをしているのです。

その目的を達成するために、手段をつかうのですが、手段が使えないことがあると、それに気を取られて目的を忘れてしまうことがあります。手段Aがだめなら手段Bを直ぐに考えて目的達成のために動かないといけないのです。

手段イコール目的でないので、最初の手段がだめだったら、落ち着いて自分自身に「それから?」「それからどうする?」と問いかけます。

 

目的と手段をよく入れ違えて、手段のことばかり報告してきたら「それから?」と問いかけてください。気がつくはずです。

仕事では結果を求めらます。頑張って居るんでけど結果が出せない人、上司から「それで?」と不審がられる人は、手段で止まってしまって居るのです。

 

ゴールである目的に達するまで、「それから?」と問いかけ続けるのです。

 

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

 

 

音声入力は英語発音の勉強になるのを発見した!

f:id:YESMAN:20180104220403p:image

When you like your work, every day is a holiday.

 

これを英語モードで音声入力して見ると、

Where are you like your work every day's a holiday

何度やってもWhen youにならない!

everyday is がevery day’sに!

 

日本語モードで、自分で考えて訳しながら音声入力してみると、

「自分の仕事が好きならば、毎日は休日同然だ。」翻訳by 僕 日本語はうまく入力出来た。

 

ついでにGoogle翻訳で訳して見るとこんな結果。

「あなたの仕事が好きなときは、毎日休日です。」

なんかこの場合は直訳にすると味わいがなあなあ。

 

日本語はかなり正確に音声入力できましたが、英語は思ったより難しいです、つまり僕の発音が全くダメなんですね、、、

今までこれでは相手に通じてなかったですね、、恥ずかしい。

 

WHERE、WHENそしてWHATは、日本人には結構難しい発音なので(僕には)、これで特訓して見ます。

 

今年は抱負を建てないことを抱負とする

f:id:YESMAN:20180103210106j:image

昨日今日と老人ホームの父親の見舞いにいき、そして母親と過ごしてきました。親は後何年生きるかわかりませんので、可能な限り会ってあげたいと思っている親孝行な私です。

写真は実家のミーちゃん。iPhone Xポートレートモードでの撮影です。見事な柄の三毛猫なのですが、物凄く凶暴で近寄れません。

小さい時の育て方が良くなかったのか、遺伝なのでしょうか。猫たちを長年暮らしていて感じるのは、大きいのは先天的な遺伝。後天的な親の態度と人間の接し方の組み合わせの影響もありますが、それは小さいときに決まってしまうなあと。

 

本題に移ります。

今年の抱負を考えていたのですが、今年はさっぱり思い浮かびません。

何かで読んだのですが、計画を公表したり人に話すと、その行為だけでやった気分になってしまうと。それから他の本で読んだのは、上司は自分の評価を目標で評価するが、部下に対しては結果で評価すると。この2つは確かにあると感じたので、今年は抱負を建てなきことを抱負とします。

 

その代わりに、自分の行動のモットーというか規範を建てます。

1. Give and give

 困っている人、アドバイスを欲している人には積極的に手を差し伸べる。なんでもいいんです、電車の中や道に迷いそうな人や無知な新人や立場の弱いメーカーなどへのアドバイス

2. ユーモアや気が利いた皮肉を磨く

 ブラック、パワハラ、セクハラ関連の発言は結構得意なのですが、人を傷つける事があるので、今年からはパワハラとセクハラ発言は絶対にしないと誓い、高尚なユーモアや皮肉を磨きます。

 

自分の思考や行動のパターンを周りに知ってもらっていれば、周りの人たちは予測ができるので、どんなに酷い上司でも、部下や関係者は対応を準備できるです。そうすれば嫌われません。

嫌われたり軽蔑される行動とは、自分の思考が無く、人の指示だけで行動するリモコンです。

人から一目を置かれるようになるには、良くても悪くても自分のスタイルを作ることが必要です。

 

トラブルシューティング 叩く、揺さぶる、かき回せ

f:id:YESMAN:20180103140639j:image

昔、電気製品アナログだった時代、電気製品が調子悪くなってくると、バンバンと叩いたものです。叩けば部品の接触が良くなったのか、結構治りました、たぶん。

 

仕事でも私生活でも経済でも政治でも何でも、調子悪い時には、叩いて、揺さぶって、かき回す必要があります。

 

昨年の仕事でいろいろトラブルが発生した時に、私の尊敬しているひとりのマネージャーは、そのまま担当者だけやほかのマネージャーに任しておいては事が進まないので、とにかくひっかき回しました。専門性が違う分野でもあるので間違った意見や勘違いのあるのですが、間違った意見を言われると修正意見も出て、早いテンポで揺さぶるので事が収束してくるのです。

これは減衰のある振動系に似ています。問題が起こったら、その関係者に外力を加えます。

外力を加えると、俺のせいではないあいつのせいだとか、原因はこれだあれだと、色々な議論検討が活発になります。

議論検討を真剣に交わして行くうちに、解決案、落とし所に収束してします。

 

問題解決ではじっくり考えるは必要ですが、同時に大騒ぎして、叩き、揺さぶり、かき回わすことによって、適切な収束点にたどり着くものです。

スタートレック ディスカバリーを一気に9話見た。

f:id:YESMAN:20180101231721j:image

スタートレック ディスカバリーが昨年からNETFLIXで放送が始まっていましたが、NETFLIX に入るのをちょっと躊躇していたので、これまで放置していました。自称トレッキーとして、見てないなんて恥でした。

 

大晦日、テレビはあまりにもつまらないので、思い出したようにNETFLIX に登録し、1ヶ月無料でもあるので、スタートレック ディスカバリーをこの二日間で放送済の9話を一気に見ました。

 

期待していたより面白い。

過去の作品同様にやり取りにユーモアと皮肉がある。そしてクルー全員が優秀な上に艦長が大胆で作戦成功のためには、艦隊司令部の指示をほぼ毎回破るのです。クリワゴンと戦争状態にあるので、戦争に勝つためには、本部の指示に前線は盲目的に従わないところがカッコいい。

 

会社のプロジェクトメンバーが、スタートレックのクルーの様に優秀なメンバーばかりでやったら、つまらんミスはしないし、問題が起きても的確に解決できるだろうなあと、ありえない空想してしまいます。

 

f:id:YESMAN:20180101233511j:image

主人公の黒人女性のマイケルはなかなかいい。

 

英語も短いセンテンスが多く、明確なので聴いていて結構んかるので英語勉強にすごくなります。アメリカ人の普段の英語は会話も文も崩れすぎていて本当わからんけど。

 

NETFLIX は他の動画配信会社よりいくつも面白そうなドラマが多いので楽しみです。

おかしなもの 新橋で見た自転車レーン

大掃除してもの減らさないといかんなあと思いつつ、普通の掃除だけして大晦日になってしまいました。寒いしやる気が出ない。

今年撮影した写真の掃除をします。

 

新橋の自転車レーン

今年の3月に新橋に行った時の写した写真。

違和感、感じませんか?

f:id:YESMAN:20171231133040j:image

自転車に見える絵なので自転車レーンなのはわかる。矢印があるから方向はわかる。しかし自転車の絵が逆向きで逆走や?!これは全然ダメな標識!それと右側は対向車のレーンなの?それとも歩行者レーン?

 

下の絵はヨーロッパの自転車レーン。なぜこう出来ない?

f:id:YESMAN:20171231134036j:image

 新橋の自転車の標識をデザインした人はレーンが細いので縦長にデザインをしないと思い込んだのだろう。ただ自転車と分かればいいと考えたとしたら、それは自転車に乗った時に運転手がどのように見るのか、どのように理解するかをわかっていない。自転車でも自動車でも逆走が一番危険で怖いんだ!

錯覚を起こす絵を描くのは犯罪だな。

 

その後、新橋に行っていないが、自転車の絵はそのままだろうか。違和感感じる人多いはずで誰か指摘しているはず。

父親からの最大の教え コーヒーミルク

f:id:YESMAN:20171230174523j:image

 コーヒーに入れるミルク。

これってミルク(牛乳)でなく、あぶら(植物性油脂)だって知ってましたか?

賞味期限も気にしたことないですし、ミルクとしてはおかしいなとはうすうす感じていましたが、あぶらだと知ってしまうと、微妙な気分になります。

 

コーヒーにこのミルク(あぶらですが今回はミルクと呼びます)を入れると、容器の表面にミルクがくっついてほんの少し残ります。ケチな人?はよく降って全部コーヒーに入れようとしますが、それでも少しは残ってしまいます。

 

昔、25年くらい前、

家族でコーヒーを飲んでいたら、父親が急に容器に残ったミルクを垂らしたのです。そして手にハンドクリームのように塗りたくりました。

f:id:YESMAN:20171230181633j:image

家族皆、ええええと驚きましたが、親父曰く「体に入れていいものなら、手に塗って悪いはずは無い、とてもよいクリームだぞと」と。

確かに、悪いことはないですが、、、食べる物をそう使う発想がなかった。

真似してみると、ベタつくことなく意外としっとりして良い感じだったので、それ以降毎回塗るようになりました。

お試しあれ。

 

父親に教わったことはあんまりないのですが、かなり衝撃的だった。

そんな父親も今年から老人ホームに入りました。

コーヒーミルクもどきの想い出です。

年賀状を止める勇気

僕はかなり前から年賀状を出すのは止めています。面倒臭く意味を感じなくなったからです。

今はつながっていたい人たちとはFacebook、Line、LinedInもしくはメールでつながっています。それなのであえてハガキをまた一枚一枚作る必要がなくなりました。

また年賀状を出すからには、一人一人に対して、個別の心のこもったメッセージを送りたいので、それが出来ない以上は止めることにしました。

 

昔は年賀状しか昔の知り合いに連絡することもなかったので、意味はあったのです。パソコン作成してプリントアウトするのも楽しかったのです。時代は過ぎ、スマホSNSの時代になりました。

もはや年賀状の役割は終わったと行っていいと思います。

例外としてネットを全く使えないお年寄りに対してだけは、年賀状でやり取りしてあげましょう。時々若者でSNSを毛嫌いする人がいますが、若い女性で変なのに狙われる危険が無い限り、年賀状は止めてSNSでいいでしょう。

遅かれ早かれ年賀状は無くなります。

 

まとめ

1)年賀状はインターネットに繋げないお年寄りにだけやり取り限定。

2)年賀状を止める勇気がないなら身内の不幸をきっかけにやめる。

3)年賀状送らないなら、来ても見ない勇気。

 

二、三年年賀状止めれば来るのも減りますし、年賀状って何の意味があるの気持ちに変わります。

iPhone Xで猫を試し撮り

f:id:YESMAN:20171227120511j:image

ポートレートモードで、うちのチャッピーを写してみました。裏がボケて素晴らしい。

 

チャッピーは6年ほど前、うちの敷地内で唸っているのを発見しました。車か自転車に轢かれたらしく首から血が出ていてかなり重症でした。首がちぎれそうなのかと思い安楽死させようかと一瞬かんがえましたが、

動物病院に連れて行きなんとか命は助かりました。

引き取り手はいないので、運命としてそのまま飼っております。

傷は直ぐに良くなったのですが、首が左に曲がったままで真っ直ぐに歩き難い状態でした。

f:id:YESMAN:20171227122713j:image

 その後徐々に首が真っ直ぐに治ってきて、いまはほぼ真っ直ぐになりました。 

 

安楽死させなくて良かったです。

猫の紹介でした。

自分の幸せを他人の行動に委ねては不幸になる

f:id:YESMAN:20171227005641j:image

Your future depends on many things, but mostly on you.

あなたの将来は色々なことに影響されますが、ほとんどはあなた自身です。

フランク タイガーと言うアメリカ人の言葉です。人に教えてもらいました。

 

僕なりに解釈するとこんな感じです。

「自分の将来は自分次第、他人のせいではないからね」

 

自分の幸せ(将来)を他人に委ねることはしてはいけません。絶対に最後は不幸に感じるようになってしまいます。

僕の母親を見ていると、彼女の幸せと不幸は、彼女自身が原因でなく、とにかく人の言動や行動をいちいち気にして、自分の思う通りにならないと悲しみ振り回されています。自分はこんなに良くしてあげているのに感謝されてないと嘆き、反対に少しでも良くされると有頂天になる。 そんな母親に他人の行動で一喜一憂していると、必ず不幸に感じるから、人の行動は気にするなと言い聞かせています。 年寄りは何を言っても今さら変わりませんが、、、

 

f:id:YESMAN:20171227011735j:image

自分の人生は、自分で選択し、自分で間違えを起こし、そして自分で学習する。

他人の意見で間違えたら恨みになりますが、自分の決断なら間違えてもそれは学習となります。

 

フランク タイガーは他にもいい言葉をいくつも残しています。

 

iPhone X 256GBを48ヶ月割りで買った

f:id:YESMAN:20171225223042j:image

iPhone 6sを2年以上使っていたのですが、64GBがだいぶ前から常にいっぱいで、いよいよ不便になってきたので思い切ってXを買いました。

ほんとは8 plusで良いかなと思っていたのですが、黒の256GBが品切れだったのでXに。

月々は支払いをあまり増やしたくないので48ヶ月割に、、、どう考えても四年も使えないので、下取り出して2年ほどで買い替えをすれば良いだろうと、、

 

iPhone Xに替えて変わった点は、

1) 最新の技術に接することができる。

2) サクサク動く。Xでなくて8でも良いが。

3) 256GBでメモリー不足のストレスがない。Xでなくて8でも良いが。

4) アップルペイ、モバイルスイカは思ったより便利。スイカとクレジットカードをもったいなくて良いのはなんか進歩した気分。アンドロイドのシンパには今更と言われそうだが。

5) 顔認証は噂よりサクサク早く便利。メガネかけてないと認識されない。

6) でも、値段は高いな。こだわりがないなら無理して買うことはない。

 

そういえば、今日はクリスマスか。

クリスマスだから買ったわけでないからね、たまたま。