エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

パッション情熱

f:id:YESMAN:20180817011734j:image

コミュニケーションが仕事を円滑に進めるために大切だから、メールだけでやり取りするのでなく、直接会ったり電話で話すことを積極的にしましょうと言われることがあると思います。

 

自分の若い時を思い出して見ると、自分より年上の人に直接会って話したり電話したりするのは、ものすごく勇気もいるし緊張するのです。それは相手からバカだと思われたり、相手にしてもらえない恐怖を感じるからです。

 

皆が皆ベテランで、そしてわかりやすいメールを書ければ、それほど会話する必要はありません。しかし相手が信用できない人物だったり、忙しそうだったり、メールを期待通り理解してくれているか不安な時は、会話を併用します。

メールがビジネスの情報交換のメインの手段である事は現在のテクノロジーでは異論は無いと思います。会話は補足であります。

 

メールも会話も、ビジネスに取っては目的でなく手段に過ぎません。

仕事を成功させる目的のためには、メールも会話も出来る事は全てやるんだの情熱を持っていて欲しいのです。目的達成の情熱がないとメールした、電話したことだけで満足して終わってしまいます。情熱があれば、居ても立っても居られず電話したり会いに行くはずです。

 

情熱と言われも嫌々の仕事に情熱はなかなか持てません。そこは我慢してパッション情熱を心の中で捏造してみましょう。

 

乗る気でない仕事でもやらざるを得ない時は、ミッションインポシブルのトムクルーズにでもなった気分でパッション情熱を妄想して見てください。そうすれば、嫌な仕事も少しは面白く感じるかもしれません。

 

まとめ

パッション情熱さえもてれば、相手にそのパッションは伝わるので、技巧的なコミュニケーションはどうでもよくなります。

コミュニケーションを気にするなら、まず情熱を無理にでも持って見てください。

 

長年気になっていた二つの事を解決した

f:id:YESMAN:20180814231014j:image

庭と言える広さは無いがこのところの暑さで家の敷地内に雑草がガンガンに伸びて酷いことになってしまった。これまではシルバーセンターに頼んだり、自分で鎌で刈ったりしていたが、あまりにも暑くて大変で面倒なので電動の草刈機をアマゾンで買って見た。草刈機はカッターが回って怖いイメージでこれまで敬遠していた。別にナイロンロープで刈るのもあるにはあったが、伸びすぎた雑草は切ら無いだろうと思いこれまで草刈機を試そうとは思ったことは無かった。今回、アマゾンの評判とユーチューブを見てナイロンでもそこそこ使えると判断。

使った感想は、思ったよりよく切れる。

これまで雑草取りが面倒で悩んでいたら試してください。新たな人生が拓けた気分を少し味合えます。

 

f:id:YESMAN:20180814231029j:image

かなり前からトイレのタンクから水漏れがあり、ちょろちょろとながれつづけてしまっていました。そのため水道料金が恐ろしく高額となっていて、水道メーターを見に来る人からどこか漏れてますよと言われていました。水道工事の業者を呼んで直してもらうのも高いだろうなあと思いつつ、面倒なのですが毎回毎回水道の元栓をしめていました。

ふとアマゾンでトイレ修理部品で調べてみたら、部品は安く、そして簡単に自分で直せることが判明。無事水漏れ止まり修理できました。

ほんの少しの漏れでも水道代金は何倍にもなりますのでご注意を。

 

まとめ

長年何もしなかったことは馬鹿だった。困ったことはアマゾンで売ってるもので安く何とかなる。

 

ほめ方 賢いことでなく努力したことをほめる

人(子どもや生徒や新人)に物を教えるやり方として、怒って教えるより褒めながら教える方が効果的なのは常識と思います。

では、具体的にはどのようにほめていますか?

ただほめれば良いのでなく、効果的なほめ方があるようです。

 

リンクのWIREDの記事によると、知性を褒めるのではなく、努力したことを褒めると効果があるとのこと。

失敗した時に発生する脳波を研究して出た結果で、これは信じてよさそうです。

 

生徒の「賢さ」をほめることの問題は、教育というものの心理学的なリアリティを誤った形で示すことにある。それは、「間違いから学ぶ」という最も有益な学習活動を避けさせてしまう。間違いをおかすことで生じる不愉快な反応を経験しない限り、われわれの脳が既存のモデルを修正することはない。いつまでも同じ間違いをおかし、自信を傷つけないために、自らを成長させる機会を逃し続けるのだ。

 

wired.jp

 自分なりのまとめ

この理屈を自分の行動に活かすには、やはりたくさんチャレンジして、たくさん失敗してそこからどれだけのことを学べるかにつきます。

学ぶ姿勢を若いうちに身につけて、大人になって実行できれば、最終的にはきっと成功することが出来るでしょう。

意味があることをする前に意味が無いことを止めよう

f:id:YESMAN:20180811012821j:image

オリンピック

今更オリンピックはやめられないのだろうけど、マラソンだけ秋にするとか、方法はいくらでもあるのだから、国民全体を巻き込んでサマータイムにするとかいい加減にしてほしい。

オリンピックをきっかけにサマータイム導入を強行する事があれば、こんな日本はうんざりなのでマジで外国に移住する。

 

意味が無いことをしない

“意味があることをする”ことは結構大変なので、手っ取り早いのは”意味が無いことをしない”。

オリンピックのように大半の国民にとってもはや意味が無いことでも、電通やテレビ局にとって商売として意味があるのでやっかい。

国、県、市町村レベルで意味のない金の無駄使いでしかないイベントや活動は議員レベルで頑張って正してもらわないとどうしようもできない。そのために選挙に皆が行くことは意味があるのです。

 

まとめ

意味が無いことを止めることから始めよう。

“はい”と”いいえ”の中間の”ニャー”

f:id:YESMAN:20180810072209j:image

本当かどうか裏は取ってないのだけど、ノルウェー語には“はい”と”いいえ”の中間の言葉があるそうだ。

 

これが事実かどうかはどうでもいいとして、中間の言葉があるのは便利。世の中、明確に”はい”と”いいえ”に仕分けできないことが多いから。

 

僕の仕事はエンジニアリングで、メーカーのように製品を作って売るというより、より最適な装置を色々なメーカーの製品を比較検討して選んで組みわせて行く感じ。

単独メーカーの製品の場合はそんなに設計のバリエーションは豊富に出来ないけど、組み合わせを考えるエンジニアリングは解答が多数あり、判断の基準次第。

 

仕事では“はい”と”いいえ”の答えをはっきり言えないと能無しと取られてしまいますが、世の中そんなにドライには判断できません。”ニャー”ばかりです。

 

”はい”か”いいえ”かを問い詰められた厳しい時に、”ニャー”があれば無理に判断せずにもう少し楽な人生がおくれたかも。

コミュニケーション 有能は伝染する

WSJの記事。

jp.wsj.com

 

子供時代、賢い子供と遊んでいた方が色々勉強の点で良い影響を受けた記憶はあるはず。反対に不良と遊んでしまうと悪い影響を受けてしまいがちでした。

しかし社会では有能は感染するが、無能は感染しないとのこと。

有能と自覚している人は安心して周りに座らしてあげてください。

 

有能な人の能力が200%、普通の人が100%、ダメな人が50%として三人近くにすわらせると、200+100+50=350になるのでなく、

200+110+60=370になる。

特に指導するわけでなく、有能の近くに座らせるだけで、有能はどうやって仕事を処理しているのかとプレッシャーを感じて良くなるようです。

 

コミュニケーションがただ単に社員同士が話す事だと思っている人、そのために違う人とも話させるために、時々席替えをするんだと思っていたら、

今度席替えする時は、有能の近くにノンビリな人達を配置する座席考えてみてくださいね。

 

 

 

日本に行ったら時刻表以外は信用するな

f:id:YESMAN:20180803120818j:image

スポーツの審判や入学試験がまさか公平だと思っていなかったけど、それにしても日本は随分醜い国になってしまった。

 

国全体の力が落ちて行く中、既得権維持を図る組織やボンボン三代目はいい加減にしてほしい。

それでも一般国民レベルはまだまだモラルもあるし外国人からもまだ一目おかれていると、個人的には感じている。気のせいでなければいいけど。

 

今の日本で時刻表以外に信じられるものとして自信を持って言えるもの考えているのだけど思いつかない、、、総理大臣からしてあからさまな嘘をつき放題でその周辺だけは何があろうとも一切罰せられないなんてことが目の前で起こるとほんと情けない。

海外に移住できる人はまじめに考える時が来ている。

 

誰がこいつを選んだんだ

同性愛者は子供を作らないから生産性が無いかと言われれば子孫を残す意味では生産性は無いから間違いではないが、今の時代結婚するも子供作らないも同性愛も個人の自由。

杉田議員もあんな文章を書いたらどんな騒ぎになるか少しはかんがえなかったのだろうか。自分の周りの人間達の考え方がそうであるのと国のためなら何を発言しても自由だと調子に乗ったのだろう。

自民党の誰も彼女の原稿のチェックはしてないのだろうか。

新潮社も売れれば良いのでなく最低限の良識は残して原稿を書き直しさせれないのだろうか。

 

そもそも杉田議員は安倍さんがスカウトした。稲田議員もそうである。

 

差別意識を持っている人間はそもそも議員としてはふさわしくない。彼女はもともと安倍さんの考え方に近いものを持っていたのであろうから、安倍さんがスカウトし、そのおかげで選挙に当選しただけである。彼女の実績や人柄を国民が見込んで投票した訳でない。

彼女はそれをわかっているので、スカウトして当選させてくれた安倍さんと自民党は絶対である。比例で当選しているので国民や選挙区に対しても世話になった気など毛頭無いだろう。自分では大局的に日本の国力を高めるために正しい事を発言していると信じているはずだ。

 

一般の会社でもちんぷんかんぷんな仕事をしている人は結構いる。そんな時もっと上司は見てやれよとか、全然これまでの経験で学んでないなあと思う。

人間は教育ちゃんとされて頑張れば、誰でも立派に成長して行くんだと信じていたんだけど、どうもそうでも無いらしい。どんなに一生懸命に働いていても上司から指示された事の意味を考えもせずにただこなしていては、何年仕事していても全然成長しない。考える能力は子供時代に養っていないと大きくなってからは限界があって無理すると見当はずれは発言や行動をして周りに迷惑をかけてしまう。

 

杉田議員や前の稲田議員がしてきた事は明らかにおかしいが、それは彼女達はその程度の人材であったわけである。彼女達にしてみれば当たり前のことをしているだけであろう。

 

余りにもレベルの低い人材は本人の責任で無く、選んだ人の問題。

人を見極める目がある人が面接やスカウトをしないとダメなんです。

 

おまけ

f:id:YESMAN:20180729172247j:image

うちのくーちゃんが変な寝方してました。

 

意味を理解する

f:id:YESMAN:20180725071007j:image

今のAI技術と人間の違いは、意味の理解をできるかどうか。

ルーチンワークや例外の少ないマニュアル化された仕事は、教えられた通りに作業すればあまり考えなくても出来るようになっています。これらはどんどん自動化され、ロボット技術がもっと進めばそのさきは無人化されていきます。

 

プロジェクト的な仕事は予定通りに進まないので、プロジェクトの作業を細かく分類して一つ一つを定義して単純作業レベルまで落としこむことは昔よりはされています。しかしその細かく分類した作業項目を積み重ねて行ってもプロジェクト全体にはならないのです。それは境界条件つまり自分ではコントロール出来ない所が多すぎるからです。

境界条件、各作業、リスク、隠れた情報、隠された本音等々を意味を理解していないと、発生したトラブルをどう処理するか判断できません。

今後人間に残される仕事はプロジェクト的な物。

ルーチンワークはAIの奴隷仕事だけになります。

AIに勝つには、意味の理解ができていないとなりません。前例が無いことが起きた時に適切な判断が出来なくては、存在価値がなくなってきます。

 

いつも意味を意識するようにする

1. 指示されたことやマニュアルの意味を考える。何のためにその作業をするのか。

2. 自分の理解できないことを人に頼まない。

 

意味を理解できたら、その先は意味のあることをする。

意味のあることをするについては次回。

 

 

 

「プロジェクトX」

f:id:YESMAN:20180721235211j:image

ルーチンワーク的な仕事に対して、新規な物やオーダメイド的な一品一様度合いが強い仕事がプロジェクトになります。

 

まともなプロジェクトは開始前に経験豊富なプロフェショナルな人材を集め、そしてその人材がこれから起こるであろう障害を想定しながら現実的な計画を立ててていきます。ですので問題が起きても大概は想定済みの問題で想定外だとか責任逃れすることもなく淡々と解決をして行きます。

 

ダメなプロジェクトは、ただ経験しているだけで学習出来ておらず言われたことしか出来ない人材と、都合の悪いことは想定外としてリスクから外す無責任男で構成されています。案の定プロジェクトは開始早々から想定外(本来は想定内)なことが頻発して大変な状況になってしまいます。無責任男は想定外で仕方ないと如何にも外部要因として逃げ、関係者間の人間関係も険悪になり、スケジュールはどんどん遅れ採算が悪くなって行きます。「プロジェクトX」はこんな場面のドラマ化です。

 

日本国の運営をプロジェクトの仕事として照らし合わして考えてみると、今の内閣の人材では国民がどんどん不幸になるのは当然であります。とにかく安倍首相の三選だけは勘弁してください。

 

出来ることは何でもやる

f:id:YESMAN:20180719215612j:image

安倍首相とその周辺の答弁は醜い。

国民に取って本当に緊急で重大な事に鈍感で真剣味が感じられない。

 

国レベルで無くとも、プロジェクトの仕事で何が緊急で優先度が高いかは考えなくても誰でも心から感じるはず。

それが感じられず、別の事を優先するのであれば、やはり頭が悪いとしか言いようがない。

 

緊急事態で重要事項、そして今行動しないと将来に問題が高確率で起こることが予想される場合は、「出来ることは何でもやる」。

心ある人間であれば、自然とそう発言する。

 

「出来ることはなんでもやる、覚悟で」なんて言い方をする奴はやるつもりなんて持ってない。信用出来ない人物。

美しいとはどういうことか

f:id:YESMAN:20180718175718j:image

ロードスターのボディは美しい。

滑らかな曲面で構成されて、加工が大変にも関わらず折れ曲りが少ない。ボンネットの折り曲がり直線もヘッドライトの目尻の直線と延長して行くと焦点が合っているように見えて全て計算された美しさが見える。

滑らかな曲面とは何か?数値的には曲率半径が連続してスムースに滑らかに変化している曲面や曲線である。

 

 

美しい運転、うまい運転とは何か?

加速、減速、ギアチェンジ、ハンドリングが滑らかに操作している。加速、減速を安定した一定の変化率で操作できること。同乗者が変化が気がつかない気持ち悪い感覚を感じないほどに。

 

 

美しい満員電車での作法とは?

超満員の時ガンガン押されてくるどうしようもない。押されてもグッと我慢して周りの人達が倒れないように支えるのが男としてはやるべきであるが、毎回は出来ない。支えられない時でも、さっと避けるような動作は下品である。ゆっくりと自分の身体をずらして逃げるのが美しい作法である。ゆっくり滑らかにずれるのである。

 

美しいスーパーのレジとは?

スーパーのレジでベテランの女性は品物の扱いが迅速、丁寧で見ていて美しい。そーとカゴから取り出してさっと読み取り機にかけ、そして会計済みのカゴに滑らかに置く。新人のレジは急ぐだけで取り方も置き方も雑で品物を痛めそうで困る。ベテランの動きはゆっくり取って加速してレジに読ませ、減速してカゴに置く。それら動作は停まること無く連続している。ここがみそ。

 

まとめ

美しいとは、連続して滑らかに変化していること。

 

 

年寄りは転んだらお終いだが、若者は早いうちに転んでおくべきだよね

f:id:YESMAN:20180716152809j:image

三月に父親を納骨してから墓参りに行ってなかったので、母親をロードスターに乗せて二人で常磐道飛ばして行ってきました。

 

老婆に冥土の土産にオープンカーの楽しみをあじわせてあげたかったのですが、暑過ぎてオープン出来ませんでた。残念。

 

母親は太り過ぎで、脚も痛くなっており歩くのが苦痛になって来ています。簡単に転ぶようになってしまったので、転んだらお終いだから毎日毎日気をつけろと言っていたのですが、うっかり目を離した隙に、墓の近くの段差で転んでしまいした。あと10センチずれていたら頭を完全に石の角にぶつけて、もしかすると大事になっていました。そのまま納骨だったなと冗談で済みましたが、非常に危なかった、、、

 

父親が二月に老人ホームで転んでその数日後に亡くなっており、年寄りは病気よりも転ぶことの方が怖いと感じていました。

とにかく年寄りは転んだらお終いです。

家族は転ぶ危険を出来るだけ減らすようにしてあげてください。

 

一方、若者は転んで死ぬことは少ないですが、仕事や結婚で転ぶ事はよくあります。

仕事で本当に大きな失敗をする前に、まだ上司の指導を受けている期間に、失敗をして身体にその記憶を染み込ませておく必要があります。ただ失敗をすれば良いのでは無く、上司の指導の元とは言え、自分でよく考えて本気で仕事に取り組んだ状況でも失敗でないと他人事となり折角の失敗が身につきません。

 

失敗は会社に取っては損失ですが、それによって将来有望な若手がよい経験を詰めれば、高い授業料だったと諦めがつきます。普通の会社や上司であれば、そう考えてくれているはずです。

 

〇〇力

f:id:YESMAN:20180714124153j:image

小田嶋隆氏のツイート。

彼の著書“わがこころはICにあらず”を若い時に読んで彼の文章の虜になった。

ブログを読んだり書いたりしている人なら、彼の物の見方と文章の味はご存知でしょう。

ただニュースステーションのコメンテーターとして彼が出ているの見たときだけは、文章の様には鋭く発言出来ないだろうなと、身内を見ている様に落ち着きません。

 

今回のツイートで〇〇力の造語法について、訓練すれば伸びるような見せかけているウソだと切り込んでいます。

この手の〇〇力ような造語は、リ〇〇ートや人事部が編み出してくる学生向け事務系向けの勘違い雰囲気なのでそれまでといえばそれまでてすが。

 

コミュ力も雑談力ももともと無い人がやってもやる方もやられる方も、最初は頑張っても最後は苦しくなります。面接でコミュ力ありますとサークルやバイトの経験をアピールしてもそんな事は他人と同じなので目立ちません。

コミュ力は普通にあります、それ以上に批判力ありますとか、雑談力は普通ですが営業話力は得意ですとか、ウソでない自分の長所に力を付けて独自の〇〇力を作ると印象に残るでしょう。世の中、コミュ力は周りに同調するだけと弱虫であることがだんだんバレてきたので、これからは批判力と創造力です。

 

良い連休を。

批判 > > 愚痴 > 悪口 >>....沈黙

f:id:YESMAN:20180712173533j:image

ネガティブな発言は、聞いている人を疲弊させるので出来るだけしない方がよろしいです。

 

しかしながら今の政府のトップの行動を見ていると自分の考えの方がおかしいのではないかと思えてしまうぐらい、おかしい。

 

仕事でも家庭のことでも近所のことでも、誰でも不満不平は持っているはず。それに対して将来に問題を起こすような悪事に対して、恐れず批判を必要があるあるのです。

 

批判は愚痴や悪口と違います。

批判はおかしなものに対しておかしいと言う真っ当なものです。

おかしいと思っても、批判することは勇気が要ります。でも沈黙はいけません。悪人の思う壺です。

批判する勇気がなければ、愚痴や悪口を。

沈黙よりはよっぽど健全です。