エンジニアのセンスとスピード感を磨く方法

大切なのはセンスとスピード感、若手エンジニアに役立つチップス

中東の人が日本に来て驚いていた事

f:id:YESMAN:20180924212434j:image

中東のアラブの国の若手エンジニアが日本に来て、彼らが日本に驚いたことを二つ話してくれました。

 

一つ目は、日本の子供達がちびまる子ちゃんと同じように黄色い帽子とカバンを背負って朝から歩いていること。感動して写真を撮って母国に送ったとか。

日本のアニメは昔から彼らの国でも放送されていて、特に人気なのが名探偵コナン。作者は天才だと感心していた。

 

二つ目は、車が全然来ていないのに、日本人は信号が赤だと絶対に渡らないこと。彼らの国では信号が赤だろうが車が来ていなければ道は渡るそうだ。これに関しては、感心していたのか、呆れていたのか読みとれなかったが、日本人の真面目さには驚いていたようだった。

日本人の真面目さを彼らが何から感じているかというと、トヨタランドクルーザーとレクサスの信頼性が大きいようだ。

 

 

日本人は信号は守る。これは交通安全の意識よりも道徳として赤信号では体が硬直してどんなに見通しが良く全く車が来ない状況であっても足が前に出ないのではと思う。

そして、青になったら、車が来てようが確認もせずに飛び出して行く。

 

ついでに言うと、赤信号みんなで渡れば怖くない。自分が先頭に立つことや矢面に立つことを嫌う。

 

なぜそもそも信号があるのか、本当にそこに必要なのか考えれば答えは出る。

 

吉澤ひとみの事故も自転車と歩行者は向かって来る車が絶対に停まるかどうかは少しは心配しながら渡っていなかったのだろうか。向かって来る車が減速している気配が無い、運転手が前を見ていないかもしれないとか渡る時に向かって来る車があれば信号が青でも気にしなければダメだ。

何千、何万台と車が来れば、信号を見逃す車は0.01%ぐらいはいるであろう。自動ブレーキがもっと普及すれば、今回のような低速での信号見逃しの事故は防げるだろう。

 

まとめ

信号が青でも向かって来る車がちゃんと停まる確証は無い。青だから何も考えずに渡らないこと。これは車が全く来ないのに赤信号だと絶対に渡らないことの裏返し。

自分の身は自分で守る。

試しに赤信号では渡ってみるといい、その時は360度全方位に全神経を使って渡ることになる。その時の感覚を青信号でも忘れなければ事故に巻き込まれることは無い。

「やってる感」

f:id:YESMAN:20180920115805j:image

自民党総裁選挙の討論会もどきを見ていて、実際に生で人と話す事の危険性を日本国民は全員わかったはず。

話すと馬鹿や嘘や性格が悪いことがばれる。嘘と言うなら証拠を出せと威嚇してくるだろうが、威嚇も小物であることを改めて感じさせてくれる。

 

本来やらなければならないことをやってないのに、「やってる感」でごまかす。

やってるものも結果が出ないと、「自分は言ってない、他人が言ったことだと責任逃れする」

都合が悪いことを質問されると、ご飯論法で逃げて、関係ない話にずらして、最後自分で何を話しているかわからなくなる。

 

全て、人に言えない後ろめたい事をするから、こうなるのです。

 

一度ついた嘘は、それを隠すためにまた嘘をついてしまいます。

困ったものです。

 

「やってる感」だけは毎日仕事の遅れの言い訳で使っているので、これだけはお許しを。

 

100-1=0

f:id:YESMAN:20180911235250j:image

100完璧にこなしても、1失敗すれば全体を台無しにする。プロなら完璧を目指す、これはこれで仕事が中途半端な人に対する教育としてはいい例だと思います。

私の仕事で当てはめてみると、最後の最後、機械がちゃんと動いて求められる性能が出せてなんぼです。それまでの過程をいくら真面目にやっていても最後トラブル多発で遅れ、性能が出ないようであれば、それまでの努力は消えてしまいます。ミスが許されない完璧で無いと意味が無い世界もあります。

 

f:id:YESMAN:20180912074029j:image

ツイートに対するコメント。

「帝国ホテルではこうである」から「だから一般人はマネしてはいけない」。何でも例外をコメントする人は結構いる。

確かにサービスは値段次第だから、安いものに同様の精度を全方向に求めるなと言うのはわかる。これはこれで言いたいことはわかる。

 

なぜ、こんな反応が出るのか?

それは同じ物を見ても、人によって見え方と興味が違うから。

 

最初のツイートで出てくるキーワードは、

帝国ホテル、100、1、お客様の満足、プロフェッショナル、99、日本人の意識。

 

その中で帝国ホテルに焦点を強めれば、全方位に求めるなと考える人もいる。

プロフェッショナルに焦点を当てれば、プロなら完璧を目指すのだなあと捉える。

お客様の満足に焦点をあてれば、お客様はどんな場合でも神様かどうかの議論が出る。

 

100-1=0

これはこれでとても面白い表現。

 

高いホテルだろうが安宿だろうが、サービスの質は違うのは当たり前。元々のツイートはその事に焦点をあてているのでなく、プロフェッショナルな仕事に関して100点しかないと言っているのである。書き手の焦点をずらして、もっと別の観点を導けないのかはコメントは余計。

相手の言っていることをUnderstandする気がなく、こんな事を日頃言っていると友達は増えない。

人から言われて一番うれしい言葉は?

f:id:YESMAN:20180910203516j:image

人から言われて一番うれしい言葉は何ですか?

 

カッコいい、イケメンだ、美人だ、かわいい、愛してる、結婚してくれ、、言われる人は何度も言われるでしょうが、言われない人は残念ながら一生言われません。 

 

僕の場合、仕事で一生懸命に説明して相手から、さらっとUnderstand (わかりました)と素直に言われると凄く嬉しく感じます。

そしてその相手にとても好意を持ってしまいます。別の機会に彼と交渉する場面があれば100%彼の味方になってしまいます。

 

相手が一生懸命に説明をして来て、それが十分にリーゾナブルな話であれば、気持ち良くさらっとUnderstand と言いましょう。余計な条件なぞ付けないで。人間認められることが一番うれしいのです。

 

自分の事をUnderstandしてくれる人には、こちらも自然とUnderstandしようと気持ちが働きます。そうしてお互いの相互のUnderstand が確立するとそれはその後も記憶から消えることが無い友情として続きます。

いまさら英語を上達させるにはどうしたら良いか

f:id:YESMAN:20180909203236j:image

https://twitter.com/usa_vs_uk/status/1035870861872386048?s=21

 

海外プロジェクトでは相手国がロシアであろうが韓国であろうがフランスであろうが、こちら日本側が下手な英語しか外国語が出来ないので、誰であろうと英語を共通語として使います。その英語もネイティブが聞いたら頭が痛くなりそうな低レベルで、外国語人が入った会議だと言いたいことが口から出ずいつもうるさい人も(俺か)寡黙になってしまいます。

 

中学校から英語の勉強始めてずっとそれなりにやってきたのに全然上達しない何が行けないのか?  どうすれば上達するのか?

考えてみました。

 

英語に興味を持つしかありません。

そもそも中学生の時から英語に興味を持ったことがない。

興味を持てばきっと今からでも上達するはず。

 

興味を持つ一つの例として、アメリカ英語とイギリス英語の違いを今更調べて見てみた。趣味として好きになるしか、今更なので上達するきっかけがないような気がします。

 

早速、興味出してやって見ました。

映画MAD MAXのMADは狂ったという意味かと単純にこれまで思ってましたが、オーストラリアの英語がイギリス英語が元なのでそれはアメリカ英語ではANGRY怒ったの意味になります。狂ったマックスというより、怒ったマックスの方が正しいかもしれない。

調べないで適当に書いてますので、まともに信じないでおいてください。

今更英語に興味を持つためだけのきっかけで、なんでもいいんです。

想定外は想定したら成り立たないから想定外と言われる

泊原発の外部電源が落ち、非常用電源で冷却を継続する非常にやばい状況があった。

 

どんな工場でも停電等の異常があった場合に、安全に停止させないとならない。そのために非常用電源が自動で立ち上がり数分で供給出来る設計になっている。旅客機もエンジンは複数積んであり着陸できるようにしている。フェイルセーフの考え方である。

 

停電の場合は非常用電源やバッテリーからの電源供給に切り替わり、その電源で工場を安全に停止する。そして再起動は通常電源の回復まで待つことになる。もしその後に長い時間通常電源が回復しなくとも、すでに工場は停止していて非常用電源も無くても、周辺に甚大な被害を及ぼすような事故は起こらない。

しかし原発は停止していても永遠に冷却を継続しないとならない。もし外部電源が壊滅的に壊れてしまった状況であれば非常用電源だけで冷却を続けないといけないが、津波等で非常用電源が全部ダメになってしまうこともあるので、非常用電源だけでは危機的状態なのである。

 

Googleマップで見る限りであるが非常用発電機は津波を被ったら全滅するような位置に見える。他の離れた場所に別の発電機があるのだろうか。

f:id:YESMAN:20180909083049j:image

どんなに電源を二重、三重にバックアップしても、大地震津波、戦争、テロ、人為ミス、そして今回わかった外部電源の信頼性の低さで完璧ではなく、電源は必ず喪失する。

喪失した時にその工場だけが壊れるだけなら、経済的な被害で済むが、原発は周辺の土地を半永久的に終わらせる。

通常電源と非常用電源の両方が喪失するダブルフエーラーケースは考えないと言う人がいるがそれは危険。ダブルフエーラーを想定するとさらにバックアップを用意しないとならないし、そもそもその設計自体が成り立たないからそう言うのだろう。まあ原発以外ではそれでもいいだろう。

 

https://twitter.com/3sc5vunuphy5env/status/1038070299348987905?s=21

 

原発は全電源喪失を想定したら原発自体が成り立たないので、全電源喪失は想定外とされる。

電源喪失はどんなにバックアップ用意しておいても起こり得る。

 

想定外とは設計の条件のことであって、起きないということでない。

sayとtellの違い

f:id:YESMAN:20180905002146j:image

クリンゴン人のウォルフの言葉。

 

“一部の人々がユーモアをシールドとして使うことはわかっている。彼らはたくさん喋るが、少ししか(内容があることを)話さない“

 

堅物のウォルフは人間がユーモアを言うのは、何か物事を隠すためだと人間をやや軽蔑している。打ち合わせでも欧米人はユーモアを多用して来ます。肩苦しい打ち合わせの時でもユーモアは場を和ませるし、時として発言者の知性を感じさせますので欧米人は何か言ってきます。

 

 

打ち合わせの議事録を書くときに、say とtellを多用しますが、それらを区別して使い分けていますか?

 

talkはお喋りする行為自体を指しているので、仕事の議事録では私の理解は使わず、使うならspeakかなと思います。

say は内容のことを話すことであって、特定の誰かを対象に話したのでないようです。

tell は特定の誰かに何々を伝えたと言うことを記録する時に使い、誰が誰に何を告げたとなります。

他にもadviseやinformもよく使います。

 

同じ話すでも英語は色々あります。意識して場面場面で正しく使い分けると、英語での思考方法が体得出来てきて外国人とのやりとりが苦痛にならなくなってくる気がします。

 

僕は気のせいが多いのですが、これだけは言えます。何事も自信を持つためには知識量が必要です。

共同作業をうまく進める方法

f:id:YESMAN:20180903181136j:image

スタートレックディスカバリーの科学士官スタメッツ大尉の言葉。

「共同作業をうまく進める方法は、決して自分を隠さないこと」

なんかうまく訳せてないなあ、、

 

仕事は上司や同僚はたまたお客さんや関係会社との共同作業です。お互いバリアーを張っていては何を考えているのか理解しあえずうまく行きません。

仕事だから個人的な事には触れずに事務的にやりたい人はいるでしょう。気持ちはわかりますがそれでは相手も心を開けません。

 

仕事の後に飲みに行ったり、昼飯一緒にたべたり、休日に一緒に出かけたりする必要はありません。

仕事中のふとした雑談でも心は開くものです。ほんの少し個人的な事を話せばいいんです。誰も本当に都合の悪いことは言ってません。実際は隠しています。

少しだけでも話してくれると相手はぐっと近く感じてくれて共同作業が捗ります。

 

九月の目標は人の話を意識して聞き理解するぞ

f:id:YESMAN:20180902235727j:image

自分でもわかっているのですが、聞くよりどうしても我慢できなくてつい話してしまう。

多分相手は嫌な気分になっているだろうと感じつつ、、、

 

コミュニケーションの基本は理解すること。

理解するにはこちらの言いたいことを相手に理解させることも必要ですが、同時に相手の話を聞いて相手を理解しないとだめ。だから話すことより聞く事を意識して多めにしないと話しすぎてだめなんです。

 

九月は相手の話をとにかく聞いて理解することを意識的にやってみることにする。

 

もし間抜けな話を聞いてしまった時、どうしたらよいだろうか。

最終的には相手の話を理解することは出来ないだろうけど、なぜ相手がそんな間抜けな話をするのか経緯や背景を理解すれば、おそらく相手の考えが理解できる。

相手の話に合わせることがコミュニケーションでなく、どうしてそんな事を考えるのか理解できればコミュニケーションは成立し、お互いに納得できる落とし所が見つけられる。

じゃんけん必勝法

f:id:YESMAN:20180901200403j:image

以前まるばつゲームについて書いたブログが、一番アクセスが多い。

そこで今回はじゃんけんについて、僕が子供の頃あみだした必勝法を紹介します。

 

じゃんけん必勝法で検索してみると、たくさんの記事が出てくる。書かれていることはほぼ同じで、グー、チョキ、パーで出す確率が少し違う。引き分けたら次に同じ手を出す確率は2割程度なので次の手は前回に負ける手を出せば負ける確率は減る。また筋肉質の男性は力が入って握りしめてグーを出しやすいとか、いくつかの傾向はある。勝率を上げる方法はあるが必勝法は見当たらない。

じゃんけんを10回や100回多数行い勝ち数が多い方が勝ちの場合は上の確率を上げる方法で勝てるだろう。

 

問題は一発勝負の時、どうすれば勝てるか。

 

方法1: 超人になる

相手の動きを見て瞬時に出す手を調整する人間離れした能力があれば確実に勝てるが、それを出来る人間を見たことは無い。これは後出しと気がつかない程の運動能力でこれが出来れば色々な事にいかせるでしょう。

 

方法2: 先出し

僕のあみだした方法です。

じゃんけんのルールとして、後出しで勝っても無効ですが、先出しについてルールはありません。具体的に説明します。

“じゃんけんポン”と言って相手と合わせて手を振り下ろすとき、”んポン”の語尾を加速します。滑らかに加速しても相手は不意を突かれてほんの少し遅れてしまいます。自分の手はパーを出します。相手はつられて握った急いで手を出そうとした握ったグーをそのまま出してしまいます。そこでチョキかパーを出そうとすると確実に相手は遅れて後出しになってしまいます。

ですので、相手がチョキを出してきたら後出しとして無効になるのです。

相手が釣られるように滑らかな加速で、”じゃんけんポン!”とやってください。握ったグーをそのまま突き出してくれれば、こちらの勝ち。握ったグーをチョキに換える時間はありません。

 

卑怯なやり方ですが、絶対に勝たなければならない場面では運に身を任せられません。

ルーチンワークからの脱却

以前に紹介した「予定通り進まないプロジェクトの進め方」の中に登場する四次元マップ。

 

f:id:YESMAN:20180827073656j:image

最初は誰でも左下のルーチンワークをこなす事で一生懸命。

これまでたくさんの人に出会ってきて、優秀な人は一度経験すればルーチンワークを理解し極端に言えば飽きてしまう。そしてたまたま周りの人間に恵まれないとその場にとどまる事に不安を感じ別の事象に移行しようとする。転職や転部だ。

 

転職や転部を考えなくとも、ルーチンワークを一生続けられるほど、世の中安定してないなで、他の次元に移動出来ないようであれば給料は上がらないし、運が悪ければリストラにされてしまう。

 

ルーチンワークはいずれもっと安い人件費を求めてめて海外に移管されたり、パートに置き換えられてしまう。将来はAIの奴隷の運命、、、

 

そうならないために、若者はルーチンワークをこなせるようになったら、左上の次元か右下の次元にステップアップすることを速やかに目指さないとならない。どちらを目指すかは、自分の興味と向き不向それと世の中な流れを読んで。

 

ルーチンワークから脱却出来たら、つぎは右上の前人未到をチャレンジしたい。ただし全力投球しても失敗するリスクの方が高いから、左上か右下を定位置として、そこから手を伸ばす事がいい。

 

冒険家にはいつも憧れる。彼がいるからこそ新しい発見、発明がある。

 

人生は庭のようだ

f:id:YESMAN:20180813120408j:image

ミスタースポックで有名なレナードニモイの言葉。

「人生は庭のようだ。完璧な瞬間はある。しかしそれはずっとは維持できない、記憶の中以外では。長寿と繁栄を。」

 

 

子育てを考えると、子供が可愛くて最高の時期は4歳まで。小学校に入れば親からどんどん遠い存在になる。親としては自立できる人間に育ってくれればそれでいい。子供は4歳までに一生分の親孝行をするとも言われているくらい。親はその記憶を楽しかった思い出として一生を終わる。恩返しとして子供に老後を見てもらうなんて思ってはならない。

 

庭も子育ても恋愛も、良い瞬間はずっとは維持できない。仕方ない。

それでも良い瞬間は記憶には残る。

それでいい。

何事にも初めてはある

f:id:YESMAN:20180827175638j:image

映画のスタートレックでの一場面。

新米士官がドックからエンタープライズを出す場面。カーク提督が今まで経験はあるかと質問に対して、スポックが新米はシユミレーションでは何度もやっていて極めて優秀なので問題ないと返事。カークは初めてと聞いてビビっていた。

 

 

プロジェクトは読みが甘くか都合の良い楽観で計画がされるので、どれも希望通りに進まない物です。

その結果、時間と手間を優先して技術的に最適とは言い難いイマイチな結論で終わってしまうことが残念ながら起こってしまいます。

エンジニアとしては、10年、20年後に誰がこんな設計にしたんだと言われるような馬鹿な設計だけはしたくないと心を痛めているはずです。もし心が痛まないようであっても、若者であればまだまだ発達途上でまだまだ伸び代がのこっていますので安心してください。そのうちに心が痛み始めますから。

 

若者に取って仕事は初めての連続。

ベテランに取っても初めての事は実際には結構あるのですが、そこは年配者であるが故の忖度を受けるのと図々しさでこなしています。

図々しいベテランにも、同じように始めての連続でした。誰にでも、何事にも初めてはありめす。

 

若者もベテランも、初めての事に勇気を持ってやってみよう。一度失敗してももう一度だけ頑張って。それでだめならやるだけやったさ。

やってみないとわからない事は世の中多い。

 

 

 

 

 

eメールの誤発信を防ぐ方法

f:id:YESMAN:20180825114008j:image

エラーをしないとコミットする事は可能であるが、それでも失敗してしまう。

それは弱みでは無い。

それが人生だ。

         ピカード船長

 

 

eメールの宛先や添付書類を選び間違えて、送ってしまった事は、多かれ少なかれ誰でもやった事あるはず。

仕事のやり取りで重要な内容を競合している相手に送ってしまったり、外に出しは行けない内部資料を流出したりしては、企業の存続に関わるような大きな事に発展する危険もあります。

 

そんなこんなで、誤配信対策としてメールシステムの追加機能、発信前の再確認、万が一添付をつけ間違えても開封出来ないようにパスワードつけたり出来る事は何でもやっていると思います。それでも人間がやっているのでミスは完全には防げないのが現実です。

 

どんな人がミスをしているかというと、圧倒的に入社1-3年ぐらいのまでの若い人。

ボケた年寄りのミスは全く報告がありません。もしかすると間違えて送っていることを気がつかないくらいボケている可能性もゼロではありませんが、、。

 

なぜ若い人がメールをおくりまちがえるのか?

 

一つは過去に誤配信が起こった際にその当事者が怒られたり晒し者になった状況を見ていないので恐怖感が無かった。

 

二つ目に、まだ仕事の内容を理解できていなく、他社の誰がだれで、複数ある他社がどんな会社理解と区別出来ていない。

 

三つ目に、仕事がいつも遅れ気味でメールを急いで出そうとするがあまりに、送信前の確認が甘い。送信前に上司に見せるとコメントされてさらに発信が遅れるので、上司のチェックもされていない。

 

一度ミスをしてしまうと、次からは慎重になるので、ミスをした若者はおそらくもう大丈夫です。しかし、次の年に新人が加わり、組織としてミスる確率は振り出しに戻ります。

 

新人のミスを防ぐにはどうしたら良いか?

一つはメールを直接出させない。これは上司も面倒ですし新人のモチベーションも上がりません。現実には慣れるまでは送る前に上司がさらっとチェックしてから送るのがお互い楽だと思います。

 

おまけ

この間、メールの添付を間違えた若者には、以下のアドバイスを個人的にしておきました。

「横浜の彼女、大阪の彼女、和歌山の彼女とラインやメールでやりとりする時は、相手の顔を思い浮かべて同時にやりとりしても一人一人丁寧に絶対に間違えないように慎重にやってるよね。もし間違えたらその後が怖いことがわかってるから。

仕事でも同じ気分で送り先の会社を区別して、一人一人に誠意と恐怖を持ってやりとりすればミスは絶対にしないよと。」

信用できない言葉 エンジニア編

f:id:YESMAN:20180824211820j:image

約束していた締め切りを数日過ぎて督促された時の返事。ほとんど手をつけてないが「もう少しなので、今日、おそくとも明日中には提出出来ます」。いつも追われている人。

 

遅れに遅れて、今日中に回答を送ると約束していたが、結局送られてきたのは次の日の昼、しかも出来が悪い。「いやあ、ネットワークが調子悪くて、送信できなかったです」。小学生レベルの言い訳。

 

あれ、見積もりで報告した予算と違っているんだけど?「スコープ変更になったので、こっちで調整しておきました」。おいおい「勝手にそんなことされては困るなあ。スコープは何処が減ったんだい?」。  「えーと、今、整理してまとめているところなので来月説明します、、、」その後説明される気配なし。まさか勝手に予算をカットした?!おい!  詐欺師か。

 

「この部分にかかる荷重に〇〇の重量が考慮されていないがどうなつてる?」。「その重量は全体の重量と比較して微々たるものなので考慮しておりません」。「ええ!」。実際にはその重量のことは見逃しいてわからなかったが、適当に無視できると言い切っている。実際には見逃しては行けないレベル。無責任なエンジニア。その場でわからなければ後で調べてから回答することしないと、適当な奴と思われる。

 

海外出張先で、営業部長「明日の顧客との打ち合わせの前に、懸念している事があったら、何でも遠慮せず正直に順番に言ってください。ではお前から。」

俺「顧客は〇〇の製品を好んでいます。それに対して部長の言われる別の□□の製品を勧めるのは、顧客が希望してないのでどうかなと思うのですが、、」

営業部長「方針に従わない奴は帰れ!」

俺「えええ!」